緊急事態宣言の解除を受けて。

こんにちは、Rioです。

今日はちょっとBlog形式で…綴りますね。

緊急事態宣言が解除され、新しいスタイルでの生活がReSTARTしましたね。

今は、ただただステイホームしなくてはならない段階ではなく、とは言え以前の日常に戻るわけでもなく、ステイホームと、”気をつけて外出すること”を組み合わせながら、新しい生活をしていくことがとても大切なので、早速飲みに行く人、旅行に行く人を非難するのは少し違くて、大切なお店などが、存続できるよう”気をつけて出向く”とか、出向くのがまだ心配な場合も、積極的に連絡をとり、先払いでの支援をしたり…など、1人1人の思いやりが未来を変えていくと思います。

最近、よく耳にして本当に胸が痛みますが、大切なお店や施設などが、なくなってしまってから惜しむのではなく、それぞれができることを、できるうちにきちんと、口で言っているだけでなく、アクションしていくことが大切だと思うのです。
支援に関しては、額ではなく、そのあたたかさに、きっと店主の皆さんは、心底、救われると思います。
お店や商業施設、農家さんや、ホテルなど、様々なところで、まだまだ苦しい終わりなき闘いが続いていますので、、”気をつけて”出かけて購買したり、外食やテイクアウトをしたり、旅行も新しいスタイルをきちんと認識した中で、しても良いと思うのです。
ただし、この、”気をつけて”という気持ちが非常に大切で、気をつけて行動するのと、何も考えずに行動する場合の影響は180度違ってくることを、薄れず、忘れないようにせねばですね。
そして、必ず、ステイホームと組み合わせるのも、新しい生活スタイルにおいて、大切だと思います。
まさに、今回のこのコロナ渦では、1人がみんなのためにー。だと思い、勝手ながらキャッチフレーズにしてきましたが、、、One For All のあとに、よく 、All For One がきて、みんなは1人のためにー。と続きますが、今回はそうじゃなくて。
ひたすらにOne For All…!1人『が』みんなのために!なのかなぁと、個人的には思っています。
緊急事態宣言により、再び経済が滞らないようにするためにも、1人1人の”気をつけて行動”する新しいスタイルが、キーになると思います。
先に挙げた、金銭的な支援など以外にも、消毒やマスクをする、軽い風邪を軽視しない、ステイホームと外出を組み合わせるなど、とにかく1人1人が”気をつける”ことをつづけることが、緊急事態宣言を再度発令させないことに繋がると思います。この思いやりも、ある意味、新しい支援の形なのかもしれません。

さて、またもや長くなりましたが、LOABELは6月14日よりレッスン再開予定です。
6月1日再開を目指しておりましたが、私事ながら、学校絡みの様々な理由があり..バタバタでして、学童ももうしばらく使用できず、、6月14日予定という判断になりました。
LOABELのハーバリウムレッスンを楽しみにしていただいているかた、、もうしばらくお待ちください涙
そして、ご連絡が遅くなり申し訳ありません。
それでは、レッスン再開できる日を楽しみにしております。
スケジュールが出ましたら、またご連絡させていただきます。

皆さま、引き続きくれぐれもご自愛ください。

 

Rio